BBDO JAPAN 設立のお知らせ

BBDO、日本のオペレーションを再編成

「BBDO JAPAN」のトップにトニー・ハリス(Tony Harris)が就任

2015年6月2日東京- BBDOワールドワイドは本日、株式会社 I&S BBDOを中核とするグループの組織変更を発表しました。現在の株式会社I&S BBDOと株式会社 BBDO J WEST に加えて、新たに株式会社BBDO JAPANとし、再編します。

BBDO_JAPAN_logo

BBDO JAPANは、CEOにフィリピンのBBDO Guerreroの前CEOであるトニー・ハリスが就任します。トニー・ハリスは加藤和豊にレポートすると共に、I&S BBDOの会長であり、BBDO南北アメリカ地域のCEOであるクリス・トーマス(Chris Thomas)にも直接レポートします。加藤和豊とクリス・トーマスは BBDO JAPAN の社長と会長の職をそれぞれ務めます。

th._square_for_webpng_400x400pxBBDO JAPANは東京に拠点を置き、BBDOのグローバルアカウントを担当、併せてBBDOのグローバルネットワークを活用したいと考える日系クライアントのサポートも行います。さらにBBDO JAPANは、クライアントのために、よりバランスのとれたコミュニケーションプラットフォームと、より統合されたクリエイティブアイディアの開発能力を強化するため、Proximity Japanのスコープも統合します。
また、主に国内クライアントを担当する I&S BBDOと、西日本のクライアントを担当するBBDO J WESTに対し、BBDO JAPANは補完的なサービスを提供していきます。

 

I&S BBDOとBBDO J WESTは、新規ビジネスの獲得や既存クライアントへのサービス拡大を果たし、さらには広告賞も数多く受賞しています。ここ数年、カンヌライオンズやスパイクスアジア、APPIESなどの国際的な広告賞で受賞を続けております。今年は国内において I&S BBDO の本多正樹と BBDO J WESTの上野達生がJAAAのクリエイター・オブ・ザ・イヤーメダリストを受賞しています。

クリス・トーマスは次のようにコメントしています。「新組織発足により、グローバルビジネスへのサービス提供力と世界中の様々なクリエイティブ・プラットフォームへの対応力を一層強化していきます。トニー・ハリスは BBDOオフィスを成功させた実績があり、優れたクリエイティブを創造することに強いこだわりを持ったリーダーです。」
トニー・ハリスは直近の 4 年間、BBDO Guerreroの CEOを務めました。同社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるデビッド・ゲレロとパートナーを組み、フィリピン4As(広告業協会)によるエージェンシー・オブ・ザ・イヤーや、キャンペーン・アジア・フィリピンのクリエイティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど、数々の成果を残しています。また、フィリピンのエージェンシーとしては初のGunn ReportのWorld Top 50入りを果たし、WARCによる世界のTop20Smartest Agenciesにも選ばれました。トニー・ハリスはフィリピンに移る前には、ロンドンのRKCR/Y&Rで副会長を務め、キャンペーン誌が選ぶトップ 10 アカウントマンにも選出されました。

加藤和豊は次のようにコメントしています。「私たちは常にクライアントサービスを向上させる新たな方法を探っています。刻々と変化するこのマーケティング環境において、クライアントの要求をより有効に反映した様々なワーキングモデル作りを着実に進めています。BBDO JAPANは機動的かつ積極的な組織体制で、クライアントにサービスを提供していきます。」

※プレスリリース PDFは以下をご参照ください。

関連記事一覧

  1. spikes_asia530_350px
  2. buzzru530_350px
  3. gun_report530_350px
  4. chris_seminar

カテゴリー

最近の記事

  1. wark_award530_350px
  2. tumblr_oebedgsQME1shpzew_800px
  3. appies530_350
  4. research001530_350px
  5. grapah002

Archives

PAGE TOP