生活満足度に最も影響を与える要素は、“夫婦仲が良いかどうか”

2008.02.28_530_350px

成熟した生活者/55~69歳男女“ヴィンテージ・ジェネレーション”の「生活全般満足度」を構成する要素で、最も説明力が高いものは「夫婦仲」であることが調査からわかりました。夫婦仲や友達付き合い、食事といったことを“現在”楽しんでいるかどうかが生活満足度の分かれ目となっています。

詳細は添付ファイルをご参照ください。

関連記事一覧

  1. neomille_logo_R
  2. nihono_tane_530_350
  3. adfest530_350px
  4. directory_one_530_350px
1496302015B8QexALr99sxpTL1496302014_3 (002)

FACEBOOK

PICK UP

  1. 2008.06.20_530_350px
  2. nihono_tane_530_350
  3. kato_530_350px

ARCHIVES

PAGE TOP