Profile

プランニンググループ コミュニケーションデザインチーム

Planner

2019年4月入社

プロフィール

2019年4月入社 プランニンググループ コミュニケーションデザインチーム プランナー

広告業を選んだきっかけは?

元々は大学で食品の研究をしていたため、商品開発に携わりたいと考えていましたが、就活中に業界研究を進めるうちに、商品をつくる過程には、研究・技術によってモノをつくる以外にも、世の中のニーズを発掘したり、最終的にどのように広めていくかを考えたりする仕事があることに気が付きました。の結果、広告業に興味を持ち、就職活動の途中で方向転換をする決意をしました。

入社後どのような仕事を担当していますか?

インタビュー中の写真

最初の4年は営業職に配属され、その後2023年から現在のプランニンググループでプランナーをしています。
プランニングに異動して、まず営業職の時とは視点や役割が異なることに気が付きました。営業職の時は、クライアントの方と最後まで一緒になってものを作り上げるので常に寄り添いながら本当にクライアントが求めていることは何か、そして社内のチームメンバーが同じ方向を向いてベストな提案ができることを一番に考えていました。

プランニングは、商品やサービスのその魅力をさらに加速させるものは何なのか、提案の軸になる戦略をたてる仕事です。クライアントの想いに対して「世の中やトレンド」などの社会的な背景や、「消費者が抱えているインサイト」といった調査やデータをもとに、解決すべき課題は何かを整理していきます。営業を経験したからこそ、クライアントが納得し、共感してくれる提案を心掛ける視点を得ることができ、それは今の職種でも活かされていると思います。

実際に働いてみて感じたこと、I&S BBDOの良いところ

プランニングは戦略を作り上げる部門ですが、まだ世の中に発見されていないことや、人が実はこう思っているというようなまた一階層深い心理を探ることがとても好きだと感じています。確かにそういうことあるなぁと、はっとするような気持ちや気づきを、自分で探せることがとても面白いと感じています。

ターゲットがこんなことを思っているみたいなことを見つけられた時は、一番スッキリするというか、この仕事をやっていて良かったなって思える瞬間な気がします。

営業職の時も現在のプランニンググループでも感じたことですが、若手でも平等に仕事を任せてもらえ、上司は「何かあった時は責任を取るから、自由にやってごらん」というスタンスで、プレゼンの練習にまで付き合ってくれます。必要な時にフォローや軌道修正をしていただきながら伸び伸びと仕事をすることができ、こんなところがI&S BBDOの良いところですね。

今後目指していきたいと思っていること

インタビュー中の写真

せっかくプランニングに配属されたので、まずは近い将来的には独り立ちできるようになりたいと思っています。今は先輩や上司のサポートを受けながら仕事をしていますが、アイデアを見つけることはできるようになってきたので、自分一人でストーリーを作って進められるよう独り立ちできることを目標にしたいです。

新卒の学生の方に向けて、メッセージをお願いします。

私は広告業界に入って良かったなと思うことは、自分がこれまで生きてきた経験全部を仕事に活かせていることです。過去に触れたことや好きだったもの、心が動いたり行動に移した瞬間などを振り返りながら、自分の今までの経験を活かして、新しいものを生み出したり、考え続けられる面白さがあります。
こんな体験ができる広告業界で、ぜひ一緒に働きましょう!

プライバシーポリシー